沼地。

sznt.exblog.jp

『乙女ケーキ』タカハシマコ

百合姉妹とコミック百合姫掲載分を収録。描き下ろし1編あり。

静留お誕生日SSが煮詰まってもーたんで先にたまってた感想等アーップ!








過去に数話分の感想を書いているはずだからどうしようかな…と心配していたら、1話分しか書いていなかった。何故かと考えたら、ブログを始める前に購入した百合姉妹と百合姫の感想は書かれていなくて当然でした。
だから、はやての感想も3巻からになっていたのか…長年の疑問がスッキリ解決!
というわけで『みちくさ』だけ過去の感想と今の感想があります。


『あかいかさ、しろいかさ』
女の子らしい女の子野村さんと、女の子らしくない女の子笹木さんのお話。
“赤色=女の子らしさ”を表しているのに対比が黒じゃなく白色なのは、白でも十分可愛くて女の子らしいから、ってことかな。
男子からも女子からも女の子扱いされていないわ自虐するわの笹木さんが、実は誰よりも女の子らしくなりたいって求めていると知った+笹木さんに気にいられて自惚れていた自分へのショックの受けようが、傘もささずに雨にうたれている様子でよく分かるけど、これは同時に恋していることを自覚したんじゃないのかい野村さんよ。「好きになった人は女の子、私も女の子…」みたいな。
先は明るそうなので良かったです。


『ぬいぐるみのはらわた』
初見。
ぬいぐるみが好きで、とある男子に片想いしている理佐に片想いしている泉達のお話。
ぬいぐるみを「かわいいいい」と言う理佐に対して(かわいいのはお前だ)と心の中で思ったり私はぬいぐるみになりたい、と望んだり、泉の片想いの悲喜こもごもな気持ちがむちゃくちゃ出てる!
ところで中林(理佐の好きなヒト)、ぬいぐるみとか好きな女は外側ばかりで内側が見えていない感じがする、ってお前そりゃ確かに何にでも可愛い可愛い言う奴はうさんくさいけれど、ぬいぐるみなんて外側が可愛くてなんぼのもんだろが! 的を得た意見は大したもんだけど青春時代にそんなこと言ってたらチャンス逃すぞ! 


『みちくさ』
・過去の感想
“この 去りがたい心は何だろう”に、ヤラレました。去りがたい、って表現上手い!
多分、今の関係性にお互いうんざりしてるんやけど“変えたい”“変えたくない”と思う以前に、まず一緒に居ることが幸せで…と、同時に“変わるかもしれない”という不安(男の子介入)もあるけど結局は“去りがたい”から側にいる。
この発展性があるようなないような分からない、微妙な繋がりが良い!
個人的に今までのこの作者さんの作品でNO.1!


・今の感想
やっぱこの話がNO.1! 何度でも読みたくなるし実際読んでる!
仲良しのまま幼稚園〜中学って、この場合良いとハッキリ言えないところも魅力。


『タイガーリリー』
あとがきにあった、同じバスツアーの奥様たちの会話(ある奥様の、普段からワガママなおばーちゃんが仲良しの○○さんに「死んでやる!」と言って困らせたら「どうぞ 私もすぐに参ります お先にどうぞ」って返したという萌え話)を聞いて出来たネームってこのことだろうか。
年を取って忘れる寸前まで残っている昔の思い出っていうのは、どんな感覚なんでしょうね。年を取ってからまた読んでみんと。


『ショートカット』
初見。
髪型も趣味も持っている物も何もかも真似をされたら普通「ひいいい! 無理無理無理無理っ!!!」って拒否反応全開だろうに、いくら自分のことが大キライとはいえ「どうして私なんかのマネをするのかしら一一一…」って何?! 理解出来んわ!!
でも、真似する方もされる方も自分の心境を冷静に判断出来ている珍しいパターンだからこそ成り立つもんなんかも、って気付けてからはムズムズが治まりました!!


『氷砂糖の欠片』
初見。
離婚を終えたママと小学生の娘を“冷たい”という共通点で重ね合わせて見るのはツライ…
その後はママの方が気になるな。同窓会とか何その百合フラグ。


『夏の繭』
百合姉妹創刊号に載っていた話。懐かしい!
可愛い絵柄で生々しい内容のオンパレードだったので「これがこの方の持ち味なんか…」と少しの不快感を抱いてしまったあの頃。今読んでも印象は変わらないと思いきや、百合姉妹を成人向けの本だと勘違いなされていたことをあとがきで知った途端納得しました。


『サンダル』
サンダルをはくように気軽にそうしたい、あれしたい、こうする、って例えが唐突に感じて応援しかねる。


『彼女の隣り』
初見。
何度読んでもよく分からん。過去に偶然見かけた今カレと一緒に居た女の子の方がずっと気になっていて、ついには存在が幻かと思い込んでしまうほど惚れてしまっていたってことかいな?


『乙女ケーキ』
描き下ろし。
制服に割烹着可愛いよ割烹着。“2人で行う初めてのこと”にこだわるのは確かに乙女。
不意打ちキッスは萌える!!



『みちくさ』ぐらいのビターさがちょうど良いなあ。
御本人もおっしゃられていた“ラブラブでバカな話”を一度読んでみたいです。
[PR]
by cyawasawa | 2008-02-19 12:15 | 百合語り(47)

百合と舞-HiMEとけいおん!!とアイマスと艦これと制服女子高生と一緒に歩んで生きたいブログ。コス写専用アカ→@cyawa_cossya


by cyawasawa