沼地。

sznt.exblog.jp

友情系百合映画について・2

もしかしたら百合に近いかもしれない友情もの作品。








【青春ドラマ】
『Dear Friends』2006年/日本/115分
監督:両沢和幸
メインキャスト:北川景子、本仮屋ユイカ
ストーリー:誰もが羨む完璧な容姿をもつ女子高生リナ(北川景子)は、ただ時間を消耗するだけの毎日を過ごしていた。しかし、ある夜クラブで突然気を失い、目覚めた病院先のベッドで癌に侵されていることを告げられる。絶望の淵に落とされ自らの命を絶とうとするリナの前に現れたのは、記憶にすらない小学校時代の同級生マキ(本仮屋ユイカ)だった。携帯小説から書籍化され270万部突破のベストセラー『Deep Love』シリーズのYoshi原作。
一言:「友達だから」「友達だよ」「友達だろ」って、いちいちうっせーーーーー!! 普通友達同士でそんなこっぱずかしいこと言わねーーー!! リナもリナで“友達は必要なときに利用するもの”って本当にその気だったらわざわざ相手に言わねー! 平気な風にツッパってても超寂しがり屋にしかみえません!! マキもマキで過去にきっかけがあったとしても今まで大して接点なかったのに、そこまでリナのことを思って行動されるとコワいだけだわ!! とまあ、大事なコミュニケーション部分にツッコミどころがあるものの、山場なのにあまり泣かせようとしていない終わり方には好感がもてました。それでも主演のどちらか目当てで観るくらいにはいい程度。余談ですが『Deep Love』が流行っていたぐらいに妹が購入してきて読んだことありますが、スラスラ〜ッと読みやすかっただけで何も感じませんでした。妹は泣いていました。


【青春ファンタジー】
『海と夕陽と彼女の涙 ストロベリーフィールズ』2006年/日本/91分
監督:太田隆文
メインキャスト:佐津川愛美、谷村美月、芳賀優里亜、東亜優
ストーリー:いじめられっ子の夏美(佐津川愛美)は、学級委員の美香(東亜優)、いじめっ子の理沙(芳賀優里亜)と共に、柔道でインターハイに出場するマキ(谷村美月)の応援に行くことになる。ところが4人揃って乗った車が交通事故にあい、夏美を覗く3人が死んでしまう。葬儀の日、3人は幽霊となって夏美の前に現れるが…
一言:あまり仲の良くない4人が共通点やそれぞれの境遇を知ることにより芽生える仲間意識や友情…にしては、エピソードにまつわるやり取りが簡単過ぎて感情移入しにくいです。せっかく和歌山県を舞台にしているのに、4人全員が標準語なのも魅力半減。三船美佳が意外に良い演技をしていたのには感動!


【ラブコメ】
『愛しのアクアマリン』(原題:AQUAMARINE)2006年/アメリカ/104分
監督:エリザベス・アレン
メインキャスト:エマ・ロバーツ 、ジョアンナ・JoJo・レヴェスク 、サラ・パクストン
ストーリー:夏の終わり、大の仲良しであるクレア(エマ・ロバーツ)とヘイリー(ジョアンナ・JoJo・レヴェスク)は、もうじきヘイリーの家族が遠くへ引っ越すため離ればなれになろうとしていた。ある嵐の夜、父親が決めた結婚がイヤで逃げてきた人魚のアクアマリン(サラ・パクストン )と出会う。与えられた3日間で本物の愛を証明しなければ海に返って決められた結婚をしなければいけない。2人は手助けしようとアクアマリンの恋の応援をすることに。アリス・ホフマンの『恋におちた人魚』を映画化。日本未公開。
一言:皆が憧れる彼はライフセイバーの好青年☆意地悪な3人組とは恋のライバル☆人魚と人間、例え禁断の恋でもへっちゃら☆などなど、正にお手軽に観れちゃうティーン向けド定番作品。いや、ティーンじゃなくても楽しめます。人魚界ではヒトデがお世辞を言ってくれるから自信がないとき耳につけて褒めてもらうとか、ちゃんと人魚っぽい設定があるので面白いです。クレアとヘイリーの友情も、ただ仲が良いだけじゃなく割とキツい内容の喧嘩をしちゃったりとちゃんとしてます。クレア、ヘイリー、アクアマリンの友情もお互い教わるものがあったり微笑ましいです。ガッカリしたことといえば、とあるシーンがCG丸出しだったってことぐらいで、本当に気楽に観るにはもってこいです。
[PR]
by cyawasawa | 2007-12-07 01:08 | 百合語り(47)

百合と舞-HiMEとけいおん!!とアイマスと艦これと制服女子高生と一緒に歩んで生きたいブログ。コス写専用アカ→@cyawa_cossya


by cyawasawa