沼地。

sznt.exblog.jp

コミックス版『マリア様がみてる』6巻

存在すっかり忘れてた…いつの間にか2冊も出ていたなんて!
急いで某通販にお頼みしました。








『ファースト デート トライアングル』
・裕巳と祥子
もうこの2人のページは二度と読まない気がしたほど甘々過ぎる! 少女漫画定番のトーン効果もあって、破壊力がすごかった。デート終了後の夜、裕巳が祥子に電話しようとしたら向こうからかかってきて「電話もらっちゃった 電話もらっちゃった!」ってベッドでゴロゴロしながら喜ぶとか…それ、恋じゃん。恋する乙女の反応じゃん! 

・由乃
令のデートの様子が気になり、つい同じ場所に出掛けてしまって、そこは長い付き合いをもつ余裕が表れた態度をみせてほしかったけど、2人の後はつけなかったり偶然見かけた令の腕をつかむ田沼ちさとの行動に怒りを覚えるものの、潔く帰ろうとしたところが何ともスッキリ割り切れていて良かったなぁ。私の中で由乃は“典型的な妹タイプ”なイメージだったから、ここにきて好感度上がったわ。それにしても令ちゃん、残酷だね!

・志摩子と静
静は素敵な先輩! いつか志摩子が、問題を抱えて悩んでいる今の自分を過去の出来事にとらえられるまでに成長して、一体誰の影響があって心のバランスが保てられるようになったかを考えたときに、静の存在もあるのは間違いないな。それにしても志摩子は今までずっとひとりになることを恐れながら、ひとりである道を選んできたんだろうか。もしそうなら、何て弱くて自分に厳しくて繊細なコなんだろう! しかし、人と関わらずに生きていこうとするのは本編でも志摩子が言っていたとおり所詮無理なことで、私に言わせれば無茶なこと。そんな絶望的な中、これからの未来は明るいと希望をもてるのは、志摩子が自分自身に問題があるという自覚をもっているところ。聖と静が直接的ではなく間接的に助言をあたえているのも、そんな志摩子を十分に理解しているからこそなんだろうな。実に良い関係だ。そりゃあ2人の間で聖の存在は酷にならないわけだ。

・聖と志摩子
“…私 お姉さまがいなくなったらきっと一…”って志摩子が言った後に聖が“…大丈夫 みんな志摩子のこと大好きだよ”って返したとき、大丈夫の前に“…”って間があったところに聖の志摩子への想いが表れている気がしてならない。どうにかしたい気持ちと、自分がどうにかしてはならない抑制と戦っているような。きっと聖が何とかすれば志摩子は救われたりするんだろう。けど、それをしちゃうと志摩子の世界はそこだけになって結局はためにならないし。だから“気がついたら 私がいないことの方が普通になる”と聖自ら言ったのは、悲しいことだけど事実にならないと今までの想いが無駄になるわけで…やっぱこの2人最高に良いな! 思わず久々に録画ビデオと小説見たくなったわ!!


『紅いカード』
カードを隠して周囲を混乱させたことを白状出来ない自分を美冬は“優柔不断”だから出来なかったと言っていたけど、アンタのは自分に甘いだけでただの自己中だよ! これからは積極的に祥子様とコミュニケーションとろっと☆って決心する前にまずはあやまれーーー!! と思いきや、この場合誰にも言わずに自分の中で解決した方がこれ以上迷惑をかけることもなく罪悪感も残るので正しかったのか、と気付いた。しかし、本編どころじゃないほど美冬の目がコワい。祥子の別格過ぎる幼稚園児っぷりもなかなかコワかったけど。そんな祥子に幼稚園児らしくない興味の抱き方をもつ美冬はもっとコワかったけどな……



以上、6巻の感想終了!
ササッと6、7まとめてしようと狙っていたのに、気付けば思った以上に書いていたので別々になりますん!
[PR]
by cyawasawa | 2007-03-27 19:28 | 百合語り(47)

百合と舞-HiMEとけいおん!!とアイマスと艦これと制服女子高生と一緒に歩んで生きたいブログ。


by cyawasawa