沼地。

sznt.exblog.jp

『舞-HiME 運命の系統樹』ORIGINAL SOUNDTRACK

「一体いつになったら妖精帝國のアルバムが出るんだ! もう待てねー!!」

と、いうワケで購入した系統樹のサントラ。
ゲームにも使用された妖精帝國の歌が2曲収録、サントラのタイトルには彼女らの楽曲タイトル『last moment』が掲げられているので、歌狙いにはお似合いの構成。





私ね、ゆいんの歌声を聴くと異様なまでに興奮するんだよね。

…一昨日気を付けると宣言したばかりなのに、のっけから本能丸出しの変態的発言でめんご! ってカンジなんだけど、コレに関してはいつか盛大に語らなければならないと決意していたんでまずは語るよ語らせて。


初めてゆいんの歌声を聴いたのは、妖精帝國公式サイトでの試聴だった。
そのときは舞-乙HiMEが絶賛放送中で、私の中で“ミーヤの人”という印象しかなかったので「まさかミーヤの可愛らしい声でこんなダークな曲調とは…!」なんて結構な衝撃をうけた。しかも楽曲が結構なツボだった。
それからというもの、試聴のために何回もサイトに足を運んだ。段々とこの曲はあの曲だ、と判別が出来るまでになっていった。何故アルバムが発売されないのかヤキモキさえしてきた。
そこまで慣れてしまうとわずかな試聴でも、余裕をもって楽しむことが出来た。そんなある日、ひとつの事実に到達する。


ゆいんの声は……エロい。


そう、エロい。
ゆいんの声はエロい。
完膚なきまでにエロい。

『stigma』のような切ないメロディーにはピッタリの高音で『Deep sea』のような激しいメロディーには余計に映える高音。ときには攻撃的に、ときには苦しそうに歌うゆいんの歌声を聴いていると動悸が速くなってきて…つまり、ときめく。私はゆいんの歌声にときめいてしまう。
オブラートに言うと、興奮ではなく反応してしまうわけだけど、何にせよ変態くさいことになるのは否定出来ない。
まあアルバムがいつまでも発売日未定で手の届かない存在だったから、その影響もあったんだろうな。だから今回のサントラに含まれている2曲に関してはあまり反応しなくなった。それでも意識すると動悸と胃痛がやってくるけど…

しかし言うまでもなく両方共名曲だわ。
『last moment』は“君の中にまだイタイヨ!”の、“イタイヨ!”の部分が特に好きだなあ。これがまたエロくて…私が妖精帝國に求める初期のダークさと切なさが共存しているのでこっちの方が好き。
『Fortuna』はプレイ中、初めて聴いたときから何語なんだろう?、と謎だったけどラテン語だったとは! でもタイトルはドイツ語? なのか?? 関西弁以外よー分からんわ。ともかくそのワケ分かんなさがまたエロさを増幅させていて良いな。
 
それだけにサントラの方はあまり興味がなかったけど聴いてみるとプレイ中、本編よりBGMの方が気になったことを思い出してひたってしまった。悲しきかな、BGMの方が目立ってるときってあるよね…特に系統樹みたいな止め絵ゲーは。

こうしてじっくり聴くと、本当に重苦しい雰囲気でいっぱいのゲームだったんだなあ、と再認識出来る。何故なら歌2曲を省いた12曲中、平和なサウンドが1曲しかない。あとは悲しいか重いか激しいか…タイトルも『高次物質化エーテル臨界』とか『媛殺し〜翻弄〜』とか不気味だし。好きなヒトにはもってこいだけど、コレは誤解されやすいからもったいない。収録時間もおよそ33分と短く、歌2曲で保たれているようなものだから、あと¥500は安くてジャケットデザインがもっとカッコ良かったらもっと話題になっていたかもしれない。実際私も歌がなかったら購入したかどうか…そう考えるとその辺は本当にもったいない。

とはいえ、いい具合に系統樹の世界に沈めるのでオススメです。
何だかんだで一刻も早く妖精帝國のオリジナルアルバムが発売されるのを期待しながら全曲聴きまくってます。マジでお願い、ゆいん…いや、ゆい様。正体バレバレで可愛いゆい様。私は妖精のことを信じてるけどあなたのことも信じてますから!
[PR]
by cyawasawa | 2007-02-19 01:50 | 舞-HiME(77)

百合と舞-HiMEとけいおん!!とアイマスと艦これと制服女子高生と一緒に歩んで生きたいブログ。コス写専用アカ→@cyawa_cossya


by cyawasawa