沼地。

sznt.exblog.jp

乙女魂トモエ・マルグリット&超!ヲトメグラフ Vol.2

個人プロジェクト“Christmas present for me”の内のひとつですね。
クリスマス以降、年末以前に購入しに行きました。





やってきたぜヨドバシカメラマルチメディア梅田。
正直、置いていないかもしれない、なんて落ち込んだりもしたけれど…
フィギュアコーナー入ってすぐのところに積んであったーーーーー!

計30体ぐらいだろうか。
他のフィギュアと四角形になる形で、3分の1ぐらいのスペースで置かれてたけど…


そんなにトモエ好きいるの?


嬉しい反面心配になる。
いや、京都の方が危ういか。2006年現在、京都市の総人口はおよそ264万人。この中にトモエ好きは一体何人ぐらい居るんだろう。もし私ひとりだったら喜んで京都支部長になります。


帰宅。

「…初めてこういうちゃんとしたフィギュア買った……(ドキドキ)お前が初めての女や。せやからこれから誰かに見られたらヒかれるぐらい愛でたるわ」

まずは外から中に居るトモエを見る。

「やっぱり非常に女らしい面構えをしてるな。あ! 頬、紅潮してるっ! コイツ恋する乙女丸出しか。でも隣にいるゾウさん見たら一瞬でギャグな雰囲気になるから台無しか」

次に箱を見る。

「うわっ! 正面から見て右側面に描かれてるトモエのイラスト可愛いっっ! 満足そうな表情でシーツみたいなんに寝転んで頬にキスマーク! 側にはガラガラとおしゃぶり!! コレだけでも十分に購入したかいがある…!! しかしナツキ・クルーがくえんちょ、コイツを“オトメ”として“身近に感じて頂けるようにする”のは考え直したほうが」

いよいよ箱から取り出す。

「足キレイだなー! 後ろから見てもこの体制キツそう…耳チラ見状態になってるのは細かい作り」

飾る置き場所がないので完全に中身は取り出さずに箱へ戻し、超!ヲトメグラフ Vol.2を取り出す。

「この、シズル好きの私でも不快になった表紙の釣り具合…一体中身はどーなってんだ」

超!ヲトメグラフ Vol.2を見る。

「とんでもない。コレはトモエグラフだ。完璧トモエ好きのためのオマケだ。フィギュアはともかくシズルのコレだけが気になるという方は購入せんでよし! てかトモエインタビューもっとあっていいじゃん。おもしろかったけど半ページって何だよ…フォントちっちゃいよフォント。ゾウを“さん”付けで呼んでたのむっちゃ可愛かったけど、裏表紙で上はアリカフィギュアの広告て何だよ…てかもー表紙でいいじゃんよ!」


このように大変満足しています。
残念なのは、テレビの上も本棚×2の上もコンポもスピーカーの上も置ける場所はすべてうまってて飾れないことですね。
だからずっとヨドバシカメラの袋に入っていつか外の世界に出られるその日まで待機させています。

最後に、あの例の赤ちゃんプレイの正式名称は“ばぶープレイ”と言うらしい。
マヌケ過ぎて愛しくなるわ。
[PR]
by cyawasawa | 2007-01-31 23:54 | 他HiME(17)

百合と舞-HiMEとけいおん!!とアイマスと艦これと制服女子高生と一緒に歩んで生きたいブログ。


by cyawasawa