沼地。

sznt.exblog.jp

百合映画について

今日は映画の日ということで、しばらく百合映画特集を行います。
まずは百合度が高い作品から。
ネタバレはありませんが、ジャンル分け等色々個人的判断なので注意。
あと何か言ってるんで要注意。








【クライム・サスペンス】
『バウンド』(原題:BOUND)1996年/アメリカ/108分
監督:アンディ・ウォシャウスキー/ラリー・ウォシャウスキー
メインキャスト:ジェニファー・ティリー 、ジーナ・ガーション
ストーリー:マフィアの娼婦と刑務所帰りの女が偶然の出会いから意気投合し、自由になるためにマフィアの横領金200万ドルを奪おうと企む。
一言:刑務所帰りの女(ジーナ・ガーション)が同性愛者なので“意気投合”がどういう意味を持つのかはご想像にお任せ致します。とにかく非百合派にも自信をもってオススメ出来るほどスタイリッシュ。マトリックスより全然良いです。


【サスペンス】
『乙女の祈り』(原題:Heavenly Creatures)1994年/ニュージーランド=アメリカ/100分
監督:ピーター・ジャクソン
メインキャスト:メラニー・リンスキー、ケイト・ウィンスレット
ストーリー:1954年に起きた実際の事件を映画化。内気な少女とイギリスからの転校生ジュリエットは急速に仲良くなっていくが、周りの大人たちはそれを“異常で度を超えた友情=同性愛”と見て2人を引き離そうとする。
一言:転校生役がどっかで見たことあるなー、と思ってたらタイタニックのヒロインのヒトだった。ちょっと甲高い声が煩わしいけど良い演技したはりますな。監督の奥さんが脚本に手を加えただけあって、女の子同士の思春期特有の妄想世界や関係が見事に表現されてます。観ていて痛々しいほどに。


『マルホランド・ドライブ』(原題:Mulholland Drive)2001年/アメリカ=フランス/146分
監督:デヴィッド・リンチ
メインキャスト:ナオミ・ワッツ、ローラ・エレナ・ハリング
ストーリー:真夜中にマルホランド・ドライブで車の衝突事故が発生。独り助かった女は、ハリウッドにある留守宅に忍び込み体を休めるが、記憶喪失になっていた。そこに現れた女優志願の女は、好奇心から助けようとする。手掛かりはバッグにあった大金と謎の青い鍵。
一言:私がまだ百合好きだと自分で確信をもっていなかった高校時代にレンタルして観たんですが、3回みてもサッパリ分からなかった…なので、私の中では上質のエロスより上質のサスペンス、ってイメージです。それにしてもリンチ監督の作品は何が何でも理解したくなる。おいてかないでくれ! って叫びたくなる。


『モンスター』(原題:MONSTER)2003年/アメリカ=ドイツ/109分
監督:パティ・ジェンキンス
メインキャスト:シャーリーズ・セロン、クリスティーナ・リッチ
ストーリー:全米初の女性連続殺人犯アイリーン・ウォーノスの生涯を映画化。ある娼婦の女はたまたま立ち寄ったバーで同性愛者の少女と出会う。愛し合うようになった2人は、一緒に暮らして新しい生活を始めようとする。金のために娼婦は最後の客をとるが、激しい暴行に耐えられず射殺してしまう。
一言:当時、シャーリーズ・セロンの変貌ぶりが話題になりました。アレは私もビックリした。タイトル通りなのか、ヴィジュアルも恋愛もあまり美しさはなく、壮絶です。


【恋愛】
『櫻の園』1990年/日本/ 96分
監督:中原俊
メインキャスト: 中島ひろ子、つみきみほ、白島靖代、宮澤美保、梶原阿貴
ストーリー:吉田秋生原作の同名漫画の映画化。女子高演劇部を舞台に「櫻の園」を上演するまでの2時間の出来事を描く。
一言:原作未読です。今観ても十分おもしろいと思います。あの古くささが淡くて良い。


『blue』2001年/日本/116分
監督:安藤尋
メインキャスト:市川実日子、小西真奈美
ストーリー:魚喃キリコ原作の同名漫画の映画化。海辺の街にある女子高を舞台に、片想いから始まる2人の恋模様。
一言:映画観に行ったんですけど、原作を読んでる者からしてみれば、まずキャスティングが不満で絶対ハズレだと意気消沈してましたが、漫画以上に2人のやり取りをみていてやってくる恥ずかしさと痛さがあったので、コレはコレでありかなあ、というカンジ。確か作者さんの実話だっけコレ?


『ウーマンラブウーマン』(原題:If These Walls Could Talk 2)2000年/アメリカ/96分
監督:ジェーン・アンダーソン(1961)、マリサ・クーリッジ (1972)、 アン・ヘッシュ(2000)
メインキャスト:ヴァネッサ・レッドグレーヴ、マリアン・セルデス(1961)、ミシェル・ウィリアムズ、クロエ・セヴィニー(1972)、シャロン・ストーン、エレン・デジュネレス(2000)
ストーリー:一件の屋敷を舞台に、異なる時代に移り住んだ3組の同性愛カップルの、それぞれのドラマを描くオムニバス。
一言:あまり記憶にありません。すでに落ち着いた恋愛をしてるからヒューマンドラマっぽい。


『翼をください』(原題:Lost and Delirious)2001年/カナダ/100分
監督:レア・プール
メインキャスト:パイパー・ベラーボ、ジェシカ・パレ、ミーシャ・バートン
ストーリー:カナダ・トロントの寄宿学校で起きた実話の事件を映画化。寄宿舎を舞台に2人と1人の少女の愛情と心の揺れを描く。
一言:実話だと考えると余計に重い。ある1シーンが今でも心に残っているのですが、ネタバレになるかもなので言えません。ああもどかしい!


『LOVE/JUICE』2006年/日本/78 分
監督:新藤風
メインキャスト: 奥野ミカ、藤村ちか
ストーリー:フジテレビ系で放映中だった『つんくタウン』から生まれたもの。同性愛者の女と共同生活を送る異性愛者の女。彼女たちの恋模様。
一言:邦画若手女優によくある、ぶりっ子のような観ていて聴いていて寒気がするような演技がもう耐えられません。それさえなけりゃもうちょっとマシだったはず。ところで『つんくタウン』て何ぞや。



【以下はモロモロの理由で未見です】
・富江最終章〜禁断の果実〜
・噂のふたり
・卍
・ナチュラル・ウーマン
・Kissingジェシカ
・ショー・ミー・ユア・ラブ
・GIA〜裸のスーパーモデル
・月の瞳
[PR]
by cyawasawa | 2006-12-01 20:41 | 百合語り(48)

百合と舞-HiMEとけいおん!!とアイマスと艦これと制服女子高生と一緒に歩んで生きたいブログ。コス写専用アカ→@cyawa_cossya


by cyawasawa