沼地。

sznt.exblog.jp

オノ・ナツメ先生のサイン会行ってきた!

日程:2016年6月18日(土)14:00頃~
場所:大垣書店京都ヨドバシ店


なんとなんと!!
『ACCA13区監察課』5巻の発売記念に我が地元京都でサイン会が開催されるということで!!
去る5月25日10:00~配布された整理券を余裕でゲットし、はじめてのオノ・ナツメ先生のサイン会へ行ってまいりました!!!









その前に整理券の裏面には自分の名前を書く欄があって、あだ名でいくか本名でいくかどっちにすべきか悩む…

ブログでもついったでも少し触れた記憶があるけど私の名前は十中八九本名かどうか疑われるぐらい、あるいは勝手に名前を書き換えられるぐらい変わっているので、ここで本名を書いた場合話題はそれに移る可能性は過去の経験からも高く、そんな気は毛頭無いのにまるで先生に覚えてもらうかためのアピールになりそうで嫌なんですが…しかし、地元でサイン+本名を書いていただける機会なんてこれが最初で最後かもしれないし名前が変わっていなかったら整理券をゲットしたその日には本名を書いていただろうし。

悩み果てた私は数少ない友達に打ち明けてみたら、本名そのままの方が話題にも困らなくていいんじゃないかと勧められたけど、だからそれが嫌なんだって!!(笑)

結局、当日まで悩んでやっぱりせっかくの機会だから本名でいくことにして簡単なメッセージも添えました。気付いたら開始30分前! 急いで向かう!


開始10数分前のほどよい時間に到着したのに肝心の会場がどこにあるかわからん。
一旦エスカレーター降りてまた上ってキョロキョロしてたらなんか旅行会社やら休憩所があるスペースの奥に作られた会場を発見。受付にはサイン会でよく見られる長机2台に白い布が被さっていて、周りには編集部からのお花が飾られていた。

整理券をお見せして中に入ると、50人分程並べられたパイプ椅子にはすでに8割方埋まっていてゲットした整理券番号No.10は全くの無意味!! まあそんなに早い出番でサインを受けることになっても心の準備が追い付かないし後の方がありがたい…

他のファンを見たらアンケートを書いていて(もしや整理券に添えたメッセージも全くの無意味になる!?)と内心あたふたしつつ待機してたらしばらくしてバインダーにレディ&オールドメンのチラシも挟まれたアンケート用紙を渡される。

あっ、項目に好きなキャラと先生へのメッセージ欄が…
それを発見した瞬間、整理券に添えたメッセージも全くの無意味と化した。まさかアンケートが用意されているとは漫画家さんのちゃんとしたサイン会に赴くのは初めてだからわからなかったよ! そんな恥を乗り越えて先生に直接声が届くチャンスだからしっかり書こう!!、としたら、ボールペンの上部を何回押してもペン先が出ない!! というか上部を押すタイプじゃない!! しかし柄の部分を回しても何しても無反応!! まさか壊れてる!?、と疑惑を抱きだした頃にアンケートを渡してくれたスタッフさんに正しく押す場所を教えられる。しょっぱなから恥の上塗りだよぅ…


アンケート欄は、サイン本に書いてほしい名前(未記入だとサインしません的な鬼気迫る文があって震えたけど転売対策でもあるのかな)、年齢、出身地、職業、描いてほしいキャラ、好きなキャラ、好きなエピソード、先生へのメッセージと、整理券をゲットしたあの日に前もって教えていただきたい項目も交じっていたけれど、描いてほしいキャラを描いてくださる事実が判明しテンション爆上げ↑↑↑↑↑↑↑

描いてほしいキャラはもちろんモーヴ本部長!! 好きなキャラも同じくモーヴ本部長!! やったー嬉しい!! サインだけでも嬉しいのにリクエストに応えてくださるなんて先生太っ腹ぁ!!!

因みに好きなエピソードは、

・「どこが平和なのでしょうか」
・オータスがACCAをやめない理由
・各街の食べ物が見られる。おいしそう!

スペースの関係もあって以上、3つになりました。
この項目はマジで前もって教えていただきたかった…何故なら「どこが平和なのでしょうか」は正しくは「どこが平和なんでしょうか?」だし、オータスじゃなくてジーンと書くべきだし、各街じゃなく各区と書くべきだし、当日の緊張で頭が混乱していたせいで普段ならしない凡ミス連発だよ!!! 「どこが平和なのでしょうか」の近くには“違っていたらすみません…”と謝罪まで付け足したよ!!! こんなんでも「どこが平和なんでしょうか?」はちゃんと一番好きなエピソードです!!! 読み直す度胸を打たれてウルッときちゃう!!!


開始時間が迫る中必死で回答していたら14時ちょっと過ぎていよいよ開始のゴングが…!!

拍手でお迎えください、と言われた通り拍手をしたものの先生は姿を見せるのも挨拶も程々に、ついたての向こう側へと旅立たれてしまわれたのでまるでUMA。後ほどお会い出来るしいっかー、今はアンケートを完成させることが最優先、と再びペンを握る。

すると数分経った頃、先生がついたてのサイド側からひょっこり姿を見せられて何かを言われたのだけれど、後方の席に居るため聞こえなかった。頭を下げられていた雰囲気から時間が掛かりそうなことへのお詫びだと思うけど、一体何をおっしゃられていたのか今でも気になる。とりあえず先生はショートカットで小柄、の2つは確認出来た。


アンケートも書き終えて、あとは大人しく待つばかり…!
スマホでもいじろうかとリュックから取り出そうとしたけど、会場内撮影禁止だし取り出した瞬間スタッフさんに注意されるのではとしばらくボーっとしてた。でも、他にスマホをいじってるファンが居たのでソシャゲとかいじり始めた。いじってる最中でも先生に会えるサイン貰えるキャラ描いて貰える嬉しさに感極まって何度か目頭が熱くなる。前に大阪で開催されたサイン会は予約が取れなかったし、関西でサイン会といえば大阪メインだし京都に来てくださっただけで嬉しくて仕方がない!!!!!!!

ゆったりと順番が近付く中、ついたての向こう側からたまに笑い声が聞こえてくるのだけど、皆さんどんな話術を使えばそんな和やかムードになるのか…しかも、笑い声は複数聞こえる上に先生が笑っていらっしゃるとは限らない。入口側となるついたての右側に居らっしゃる女性スタッフさんはコミックスと整理券とアンケートを受け取る担当でまず1人。ということは中にもう1人スタッフさんが居らっしゃるのかもしれない。

待っている間何もすることがなく中にはコミックスを読むファンも居てその時間潰しちょうどいいな!、と感心したけど読む気持ちにはならなかった。それより終了後は真ん中にジーンが描かれたパネルに寄せ書きせにゃならん試練が待ち構えていることが判明し最後まで気が抜けない。さらには好きなキャラはモーヴとしつこく宣言しておきながら、実はモーをモーと書いてしまったんだよね…それもこれも当日の緊張で頭が混乱していたせいでヴかブかわからなくなり、1巻でチェックしたらブの方だったからモーブにしたんだけど、1巻以降はモーヴ表記だったと思うし私もヴで認識してたので正しくはモーヴなんだろうけど混乱しているから自信がない。ご本人様の前でキャラの名前を間違える失礼をこれからぶちかますかもしれない恐怖!


1時間以上待って、ついに1列目。
それほど待った感覚は無く、コミックスのカバーを外してコミックスに整理券とアンケートを取りやすいよう挟んで最終準備。寄せ書きの内容も考えながら先生の目をちゃんと見れるだろうか何を話そうかとりあえずブなのかヴなのか答え合わせすべきだろうか、と大半はモーヴの名前で不安がいっぱい。この窮屈な精神状態から早く解放されたい…

「お預かりします」
と、ついに受け取る担当のスタッフさんに声を掛けられる!!
あともう少し…! 受け取る担当スタッフさんがアンケートに目を通していらっしゃるのがまたソワソワする。先生へのメッセージは枠限界まで書いたけど何度も見直したからおかしな部分は無いはず…ああああああ前の人のアンケートを受け取ってケースの中へ入れなさった!! 来るぞ…! 出番が……!!

「どうぞ~」
「はいっ失礼しますお願いします」そそくさと椅子につまずく失態もせずついたての向こう側へ突入。そこにはやっぱりもう1人女性スタッフさんとやっぱりショートカットで小柄な先生が座られていて「よろしくお願いしますー」と、目を合わすの苦手な私がたじろぐほど目を合わせて挨拶してくださった。(ちょ、先生とても実年齢には見えないし藤井大丸辺りのセレクトショップの店員さんに居そう…)が、第一印象で中の人の容姿とかどうでもいいんだけどこのときばかりはこの方があの絵柄を?!?!、みたいな意外性も手伝ってどうでもよくない事態になった。

そうしてうろたえていたら、先生は確かおでこと鼻筋からモーヴを描かれ始めてガン見しようとしたら「モーヴがお好きなんですね」と、受け取る担当スタッフさんに話し掛けられる。コレは!! アレを訊くっきゃない!!

「あのでも私名前間違って書いたかもしれなくて…モーヴのぶって、フじゃなくてウにてんてんの方ですよね?」
「ウ、の方ですね」
「やっぱり…! すみません! ちょっと緊張で混乱してどっちかわからなくなってコミックス1巻を確認したらフの方になっていたのでフにしてしまいましたすみません(早口)」
もう1人の女性スタッフさん「でもそれは私たちにも問題があるんですよ。何故なら1巻の初版だけ間違えてフにしてしまったので。初版以降は修正されているんですけど」


そうだったのか…!!!


いやでもそれぐらいファンなら把握しとけよって話だし私の罪の重さは変わらないよね★
その後は「じゃあ初版以降も買ってコレクションにします!」ってよく笑うスタッフさんのおかげもあって和やかムードで終えたけど、その間も先生はスラスラとモーヴを描かれていたので、この罪深き過ちについてどう思われたのかわからずじまいで恐怖は続くーーー。気を悪くなされたら申し訳ありません…

「リストランテ・パラディーゾからのファンなんですね」
ここはジャンピング土下座をすべきか悩んでいたら、受け取る担当スタッフさんがアンケの先生へのメッセージから次の話題を振ってくださいました。

そうなんです、私がオノ・ナツメ先生を知ったのは『リストランテ・パラディーゾ(全1巻)』なんです。今は亡きエロティクスFを購入していた頃に知って、その後なんだか気になるのでコミックスを購入したらおもしろくて外伝シリーズの『GENTE(全3巻)』も揃えて今に至る。
なので、人に先生の作品をオススメするときはリストランテ・パラディーゾからにしてます。ACCAにも言えますが、先生の描かれるサラッと流れているようで確信を突く人間関係模様が大好きなんですよね。リストランテ~を未読の方は是非読んでいただきたい! もしかしたら主人公の小娘っぷりにイラ立つかもしれないけど実際21の小娘だからそこは大目に見てあげて! 誰だって小娘時代はあったでしょ! 気に入ったら次はGENTEを必ず読んでね!!

そうしておしゃべりしている間にモーヴは完成、話す相手に顔を向けていたので描写中をあまり見れなかったのは大失敗。あとは名前を記入するのみになり何事も起こらないよう願ったけれど、これが本名だとわかると今迄100%の人がそう反応したのと同じ反応をなされてさらには「素敵なご両親だー!」とまでおっしゃってくださって、ほら、こうやって人に気を遣わせるからこの名前は…

こういうときの返事は無難に「ありがとうございます」の一言か相手があまりにリアクション大きい場合は「大したことないです。ありがとうございます」かの二者択一にしていて今日もそんな返しにしたんだけど、なんせ相手がオノ・ナツメ先生なので「よく間違えられたり疑われたりするので本名を書こうか悩みました(ネガティブ)」みたいな余計なことを口走ってしまったわ…
違う私が言いたかったのは「でも先生に本名を、しかも地元で書いていただける機会なんて滅多に無いので本名にしました!(ポジティブ)」であって…しかし余計なことを口走ってしまった新たな罪が気になって言葉が続かなかった……

d0035307_23321011.jpg

先生の筆跡かわいい! ACCAのスタンプかわいい! 何より生モーヴ…!!! 
恥だらけの自分をかき消してくれそうな直筆作品に叫びたくなる興奮を抑えきれない。ニヤニヤしながらついたてから出てきた人も居たけどニヤニヤする気持ちは存分にわかる。きっと皆さん無意識でニヤニヤなさってる。あああああ本当に嬉しいよおおおおおおおおおおおおおおおおおオノ・ナツメ先生こんな素敵で素晴らしいひとときをありがとうございました!!!!! 良かったらまた是非いらしてください!!!!!

d0035307_23302264.jpg

お土産のポストカードとメモ帳!
どんなけ太っ腹なんですか。しかも紫に抹茶という京都ネタまで用いるお心遣い。こんなん作品のみならず先生のことも好きになってしまう。。。

余韻に浸りながら仕上げはパネルに寄せ書きを行う。
書く内容はあらかじめ決めていたのでスムーズに済んだ。先生のサインを手にした現実に夢心地気分のままサイン会場を去る。すぐに外へ出るのはもったいない気がして、しばしの間その辺の椅子に座ってサインを眺めて真顔でニヤニヤしてた。


帰りに早速行きつけの本屋さんで初版本ではない1巻を購入。
d0035307_2359529.jpg

左が初版で右が6刷。モーヴがモーブになってますね! 漫画好きとしてはこちらも嬉しいコレクションとなりました♪
[PR]
by cyawasawa | 2016-07-21 23:59 | 何かしら語ってる(50)

百合と舞-HiMEとけいおん!!とアイマスと艦これと制服女子高生と一緒に歩んで生きたいブログ。


by cyawasawa