沼地。

sznt.exblog.jp

THE IDOLM@STERに見る百合

映画も公開されたということでアイマスで好きな百合カプについて語るよ!








まず私とアイマスとの出会いはアニマスでなんでも百合に絡めちゃいけない自制は常にあるからアニマスも百合目線は殺そうとしたものの、はるちはとゆきまこだけはそういう風にしか見えなくて元々千早が一番好きだわ3人も好きだわで自然とこの2組が好きになっていって後に王道だと知って他にも気になるカプが現れたりキャラソンを順番にレンタルしていき原作ゲームにも興味が湧いたけど本体持ってないからあきらめたりと徐々に好きな作品になってきたもののそれ以上に2011年当時は唯和に夢中だったので(今もだけど)そこまで熱をあげることはなく時は過ぎていったーーー。

と、いうのが始まりだね!

その後は去年からBSで放送開始のアニマスを再び観ることにしたら1話目から「春香と千早は付き合っててもおかしくないな」という力強い確信を得た結論に至ってしまい百合目線全開で楽しむことにして冬コミでアイマスサークルも巡回したかったけど残念ながら日にちが合わず原作ゲームはPSPのミッシングムーンで妥協することにして念願の千早Pデビューしたら思い入れはどんどん強くなっていきアイマス熱も高まっていき劇場版は2回観に行ったーーー。

と、いうのが最近の出来事だね!
それじゃあいってみよー☆


はるちは
出た、大正義はるちは。
まあこの2人は千早Pなら好きになって当然ぐらいの勢いだよ。だって学校でも家庭でも居場所が無い歌一本の超ストイック少女千早が持っていないものを兼ね備えた正反対の春香、ってだけで百合ストーリーとして完璧な条件が揃っているわけですよ。それにミッシングムーンをプレイしてわかったんだけど千早はほんとにめんどくさい女なんだぜ…ここまでストイックで頑固だとは思わなんだからアニマスでは上手いこと柔らかく表現されてたんだなーと感心したし、TOP3みたいな扱いされてるけど千早好きの私でさえそこまで人気が伴うのか不思議なほどだわ。確かに家族背景はドラマティックだけど、学校の合唱部で一人だけ本気過ぎて後はヒいてるっていう、いるいるそういう奴!みたいな真面目をこじらせ過ぎて空気がよめないところとか相当めんどくさいよ! でもそこが愛しい!! だから春香みたいな天真爛漫タイプが必要なんだ!! それに千早みたいなコは絶対に愛されなければならない!!! 春香という存在によってゆっくりと心を開いていく千早なんて最高の王道スタイルだよ!!! もう一緒に暮らせばいいじゃない!!! 事務所まで2時間もかかるなら千早ちゃんと2人暮らしした方が理にも適うじゃない!!! って、2度目のアニマス視聴のときは何度も高ぶってました。
そして忘れちゃならない注目すべき点は同学年だけど春香の方が年齢1個上だということ!!!! これはほんとに公式様にやられました!!!! よくわかってらっしゃる!!!!!


みきちは
本格的に好きになったのはミッシングムーンの影響。
それまでは美希に振り回される千早も良いかも?程度で美希が千早をさん付けで呼ぶのは「律子、さん」を目立たせるためであって2人はそんなに仲良くないのかなーとアニマスを観る限りで判断してたもんだからミッシングムーンで尊敬の念を込めてという真っ当な理由を知った際には何その百合妄想してくださいと言わんばかりの意外な設定は…と、脳天に衝撃を受けたものだよ。しかもあの自由気ままな小悪魔ガールが敬意を払うって好感度上がったしそこまでさせた千早もスゴいし何より特別扱い萌える!!! 律子、さんもなかなかの特別扱いだけど千早さんは度を超えてる!!! 千早の言うことなら素直に聞いちゃう美希を想像するだけでみきちは萌える!!! 普段周りを振り回してる側が振り回される側になるのが良いんだよ!!! なので基本的には美希がグイグイいくものの千早は全く気が付かないほのぼの路線がよく思い浮かぶんだけど、シリアス路線でも良いな。例えばハニーへの好きと千早さんへの好きは何がどう違うのかで苦悩する様子とか本人たちは自覚無いだけで両想いな春香と千早を見据えながらも片想いを続ける美希のような切ない三角関係とか。おかげでrelationsの歌詞がその3人の三角関係にしか見えなくなったよ!


ゆきちは
この2人は単純に生っすかSPECIAL 05のジャケに一目惚れしたからですね。
アンニュイな雰囲気と表情が好みでたまりませんね。特に雪歩の表情がたまりませんね。初見はキャラソン借りる際関連CDあり過ぎてどれ借りりゃいいねん!?とヤケになって片っ端から取り出していったらこのジャケに当たりまして心臓に電流が走りましたよ…新商品のマグネットステッカー予約済ですよ…カバー曲多いからレンタルはしなかったんですけど、それまで全くノーマークだったゆきちはが一気にキマシ!!! なんかこの2人はガチっぽいというか儚げで繊細なイメージがあるなあ。千早が萩原さん呼びな辺りがゆきちはって感じなんだけどお互い好き合いながらも一歩を踏み出せないもどかしさなんてのも良い。まずは千早に名前を呼ばれることを目標にじっくり歩み寄って欲しい。
てか生っすかのジャケって他も百合百合しくて見応えあるけど竜宮小町のは百合どうとかより足がセクシー過ぎてアウトだと思う。


あずちは
私自身もブログでやる必要あるのかと疑ってきたほど千早カプばかりになってるね! ですが千早シリーズはこれで最後なので引き続き語るよ!
劇場版感想にもちょろっと主張したけど千早は総受けであずささんは総攻めだなあという見立てをアニマス視聴の初期の段階からぼんやり感じていてその延長線上でやってきたのがこちらの2人。天然あずささんに癒されるもよし翻弄されるもよし、甘えたくて&甘えさせたくてちょっかい出してくるあずささんに戸惑う千早の平和な図が好きだけど大人の立場を利用して妖艶に攻めるあずささんとか年齢差に悩む2人なんかも良いね! それにあずささんは個人としてもかなり好きなのであずちはを好きになるのも自然の流れですね。アニマス8話のあずささんは素敵過ぎたしANIM@TION MASTER 07ジャケの2人は可愛過ぎだしね!!!!! それにしても、アイマス=アーケードゲームが元ネタ、って認識しかなかった頃は髪型と髪色から2人は生き別れた姉妹か何かかと勘違いしかけていたものだけど姉妹じゃなくて本当によかった…そして、あずささんは髪切った方が好き!


たかあず
この2人はまだ気になってる段階で様子見中。
先程あずささんは総攻めだと言いましたが、それに唯一対抗出来るのが貴音ではないかと見ているのです。何故なら貴音は男性女性どちらも受け入れそうな最強キャラの雰囲気があるからです。あずささんとは違った天然っぷりとあのふわふわしたミステリアスさは何者にも縛られないフリーダムさがよく似合いますよね。って言っても実は貴音のことはどんな性格なのかアニマスではいまいち理解出来なくて百合妄想的にもどう動かせばいいかわからないからそういった意味でも様子見中なんだけどね! とりあえずミッシングムーン全員クリアしたら他の2本もやる予定だからそこからまた広がることを期待します。


ゆきまこ
出た、鉄板のゆきまこ。
しかし、私の好みからいったら珍しいんだよなこの2人。まず真が苦手なボクっ娘って時点で本来なら避けるタイプなのに何故か真は可愛く思うし好きなんだよな。そして相手が雪歩でいわゆる女の子女の子したキャラとボーイッシュキャラって組み合わせも普段は興味を抱かないんだけど何故かゆきまこは萌えるし好きなんだよな。
ゆきまこといえば雪歩があんな感じなのでお姫様と王子様という少女漫画的構図が主力になるのは致し方ないことだけど、それについては違和感があって雪歩が真を一人の女の子として対等に見てる方が好きかな。だって雪歩は「真くん」じゃなくて「真ちゃん」って呼んでるんだもの! そこが美希との違いで雪歩の想いはガチへと繋がりやすいのよ…夢見がちな雪歩とそれに振り回される真も微笑ましいけどね。もう2人してモジモジして欲しい。真の持ち歌『自転車』がバックに流れるぐらいの爽快な青春ドラマを繰り広げて欲しい。


小鳥さんと誰か
ここにきて投げやりになったとかじゃないから…
小鳥さん可愛いよね!! 制服がいつ見ても事務員というよりパチ屋みたいでデザインを新装開店してもらいたくなるけど小鳥さん好き! 皆より結構年上なのにダメな大人っぽいなんてオイシイ魅力の持ち主を百合妄想に生かさなくてどうする!? そうなると誰でも良いような気もするけどここはやっぱり彼女たちの間では珍しいお酒のお付き合いが出来るあずささんが有力候補となるか。あるいはダメなところをしっかり叱ってくれそうなお酒も1年待てば飲めるようになる律子となるか。例えばPが女性ならそれも有力候補にあがったかもしれない。まあ別に赤羽根Pでもお似合い(略)


ざっとこんなもんかな☆
因みにやよいと伊織ちゃんと亜美真美は幼過ぎて対象外。特にやよいは私の中で永遠の12才だから…初めて14と知ったとき本気で信じられなかったから…やよいは国を敵にまわしてでも守らなければならないから…

あと二次創作をすることはないかな。
アイマスって10周年迎えたんだっけ、おめでとうございます。ハマるのが遅過ぎたとは思わんけどはるちはなんて自分がするまでもなく溢れてるから見てるだけで満足しちゃう。だからもし何かするとしたらみきちはかな? とにかく今は765プロで働きたい気持ちでいっぱいです。
[PR]
by cyawasawa | 2014-03-25 23:37 | アイマス(6)

百合と舞-HiMEとけいおん!!とアイマスと艦これと制服女子高生と一緒に歩んで生きたいブログ。コス写専用アカ→@cyawa_cossya


by cyawasawa