沼地。

sznt.exblog.jp

『女の子の設計図』紺野キタ

こちらの表紙、めっちゃ目に留まるよね。
百合好き以外でも気になった方多そう。








『女の子の設計図』
鬼門である姉妹百合ものだからどうしようかずーっと悩んでたんだけど他の読み切りが気になるわ紺野先生だわで思い切って購入してみたらこちらの作品が半分ものページを占めていたときのガッカリ感…
まあそれは仮にも漫画&百合好きを公言しておきながら表紙絵やコミックスのタイトルになるほどの扱いの大きさから判断出来ない私の未熟さが原因だろう。

しかし、姉妹百合が無理という趣向だけは私に妹が存在する以上はどうしようもない・どうにもならない・しょうがない。
これについては非常に惜しい事態だと常々感じている。そりゃあ苦手なモノより好きなモノは多い方が楽しみが増えるわけで良いことに決まっているんだから。でも、私に妹がいる以上は姉妹百合を進んで読むことは無いし読んだとしても「良かった」とプラスにとらえることは絶対に無いし、この世に蔓延する妹系萌え作品の“妹”の文字が入ったタイトルを見掛けるだけで反吐が出そうになるのも本当にどうしようもない・どうにもならない・しょうがない。
だからといって「妹さえいなければ」という最低な思考をもったことは一度も無いし兄弟・姉妹ものが好きな人に対して否定の気持ちも全く無いので誤解しないでよね!!

なので、感想は特に抱いていないし二度と読み返すこともないだろう。
ただ「さすが紺野先生や!」となったのは、お○らやう○ちについての会話をさらりと盛り込んだところです。あれはとても家族らしい会話な上にあれだけで家族仲の深さまでわかっちゃう秀逸な表現です。

しかしせっかくほのぼの家族をやり直せたというのに果たしてこの2人はハッピーエンドといえるのか…血縁の恋愛はこういうとこヘコむから苦手よ…


『少年』
良いっすね! ちょっと詩的だけどそこが良いんすよね!!
何が良いってまず

“今の状況をつまびらかに申しますと 私の中に少年がいて 君に恋をしています”

という美しい流れだよ! 詩的なのにスーッと馴染んでくる美しい並びは他作品でもよく見られる紺野先生の持ち味の一つですね! 
葉山さんのビジュアルも大変素敵。メガネにロングヘアーに先輩なのに中身まで受け受けしいあの感じは文系少女を強く連想させ、より一層詩的要素も映えるというもの。嗜虐心をそそられるのもよくわかるね。そして、最初スルーしかけたものの突然少年がどーたら伝えられても気味悪がらずメアド交換にデートに挙げ句キスまでしたりと宮路の適応力がすごいんだけど、父親がああなら多様な形を持つ性に対してそこらの女子高生よりは理解ある宮路というのもよくわかるね。てか宮路は葉山さんと話した後急に肉を食べたくなっている、この時点で両想いの可能性を感じるほどになんだかエロティックではなかろうか。


『wicca』
待望のロングヘアー同士きたわぁ!!!!!!!!
何もくくったりせずピン留めも髪飾りも無い純粋なロングヘアー同士はほんっっっとに貴重なんだからねっ!!!!!!!!!!

って、熱狂してたら内容がなんともダークであった。。
しかも「またイチから説明しなおしかー」の発言から察するにループまでしてるわ。

見た目もキツめな黒髪ロングの方が愛情から憎しみに変わるほどの恋をしていたとはなんという愛憎劇。
「ジェラシーは恋愛の最高のスパイス」と言ったのは杉○彩さんだったか…
賛成派が多そうなこちらの意見、百合にとっては有難いスパイスでもありますが、wiccaの場合は度を越えてしまってるよね! しかし、このジェラシーは痛いほどわかるゆえちゃんと魅力ある愛憎劇になっている。男性相手だと太刀打ち出来ない悔しさと絶望感によって自分が抱いた想いは正しくない気持ちの悪いものと気付かされ、そんな自分を認めたくないわずかな自尊心まで現れ行き場をなくした愛情は憎しみに消化するしかなく…ひえ~~~この2人の普通の学園恋愛ものが読みたいよぅ…と委縮してしまうドロドロっぷりですが、目が合っちゃったからにはこの不毛な駆け引きは黒髪ロングがまた自分の想いを認めるまで続くしか道はない。

まあ、見方変えたら両想いじゃないか! 永遠に誰にも邪魔されないふたりだけの空間に居るところとか! 救いはあんま見られんけど!


『おんなのからだ』
なんかいきなり色変わったなと訝しんだら、案の定初出コミック百合姫だった。

子持ち百合ものから発せられる生々しさは姉妹百合とは別のベクトルで苦手で、身近な存在である友人に子供ができたりすると増々二次元の話だと割り切ることは難しくなってしまったのでこちらも特に感想は抱いてないんだけれど、まあずるい女同士で良いんじゃないでしょうか、人に迷惑さえかけなければ。

子持ち百合で一番のポイントは“子供に対してこれからどう接していくべきか”だと勝手に思っていて、そんなもん愛情と親である自分に子供から尊敬されるに値する何かがあるかどうかで大体は解決するんじゃないかなあ、って無責任なことぬかしてんじゃねえよと子持ちの方から怒られそうな考えで構えていられるのは私がのんきなひとり身だからか。
そうそう、ひとり身だからそもそも関わっていいものなのか口出ししてもいいものなのかどうかまで気にしてしまう生々しさが子持ち百合にはあるんだよ…ただ“人妻”から漂う独特の色気はものすごくわかる(ry

子持ち百合は想像を絶する想像に頼らなければならなくなるから苦手よ…


~まとめ~
『少年』と『wicca』が好きです。
それにしても百合姉妹時代に描かれた作品はいつになったら単体でまとめてコミックス化されるのか。もう10年たったよ…あの話がドツボ過ぎて本誌残してるようなものなのに。本来ならそっちが初百合作品集になるはずだったのに。ローゼン最終巻みたいに薄くなっても構いませんので是非とも発行していただきたいです!!!
[PR]
by cyawasawa | 2013-12-15 01:06 | 百合語り(47)

百合と舞-HiMEとけいおん!!とアイマスと艦これと制服女子高生と一緒に歩んで生きたいブログ。


by cyawasawa