沼地。

sznt.exblog.jp

劇場版『けいおん!』感想

結論から言うと映画化した意味無かった。そこんとこ発散させてもらうわマジでNOと言える日本人目指してっからマジで。ネタバレ注意!!

その前に10JIAとしてアニメ本編に登場し、モデルとなったJEUJIA三条店の2012年2月1日現在。
d0035307_0354465.jpg

入り口。

d0035307_0361666.jpg

入り口入ってすぐ左側の店内。
楽器は以前通ったときは外に飾ってあったような…店内は1人では撮りにくい仕様だったので妹と待ち合わせて撮影してから映画館向かいました。うろ覚えだけど○○を購入すると10JIAステッカーが貰える、みたいなキャンペーン?がやってた。グッズコーナーも作られてて京アニSHOPでないと手に入らないような品物もあった。そういえばイラスト集2まだ購入してない!



はああああん和ちゃああああああああああんっ!!
可愛いよおおおおおおおおおおおおおおおおん!!!



唯の家で唯とのティータイムだけじゃなく唯和憂という団欒描写まであるなんてまんまと興奮したよ! 忍者コスも着用しちゃってやっぱり和ちゃんはノリが良くて優しいんだね! 生写真欲しい!!! 姫子と仲良さげだったのも微笑ましかった! 可愛いいいいいいいんっ!!!!!


以上が和ちゃんメインに見た感想。
ここからは全体を見た感想。


去年、どうせ和ちゃんの出番少ないし唯梓メインになりそうだから観に行く気失せてきたみたいな呟きをツイッターでしたんだけどまさかほんとに唯梓メインになるとはな! いや問題はCPちゃうねんCP大切だけど百合大好きだけどそんな偏った見方はしないようにしないと始まらないし何よりさりげなく現れる唯和が燃えに萌えるわけで…と、いうことで納得いかない点を一つずつ挙げてみよう。


・主役は梓
一番やっちゃいけないことだろ…2クールアニメなら1人1人にスポットあてた回がその内やってくるから問題無いとして映画は限られた時間で限られた話しか出来ない大舞台なんだから少なくとも軽音部の5人を平等に扱うことは大前提。それなのにまるで1期の不自然な澪プッシュを彷彿とさせる偏り具合。なんのためにタイトル『けいおん!』に戻したのか。

・映画オリジナル話ではない
完全新作ではなく、天使にふれたよ!を作るに至るための道のり話だった。これもなんのためにタイトルのびっくりマーク一つに戻したのか全く理解出来ない。旅行も教室ライブもテレビアニメ版でやったし当時の出来が良かっただけに今回は親大盤振る舞いのロンドンも違和感があるだけで無理矢理な展開が多くいつもの良さが生かされていない。

・映画オリジナル曲が無い
話が完全新作じゃないから当たり前だけど既存の曲しか流れないというせっかくの映画化決定を台無しにするかのような新鮮味の無さ。レコーディングし直しただけで新たにCD発売とかコレクターズアイテムにも程があるわ!

・OPとEDの差
Cagayake、ゴーマニ、Utauyo、今迄のOPを考えれば当然Unmei♪wa♪Endless!がやってくると、一体どんな目まぐるしい映像とのコラボが繰り広げられるのかと期待に胸を踊らせるに決まってるのに採用されたのは今迄の唯ソロ曲の2曲目を彷彿とさせるゆっくりタイプの方でしたー! ガッカリ! まあ先にCD購入した際、帯に“映画「けいおん!」テーマ曲「Unmei♪wa♪Endless!」&OP曲「いちばんいっぱい」を収録!”を発見した時点で覚悟はしてた。そんな中EDは今迄のEDを裏切らないEDだったという。しっかりしてるね!

・唯和があざとい
何やら手作りっぽいマグカップ、そして何故か“のんちゃん”と記されていることから2人で制作体験でも参加したのか唯が勝手にのんちゃんと作成したのかそれとも昔は2人限定でのんちゃん呼びであった日もあったのか、様々な妄想を刺激してくれるマグカップですが、アニメでさりげないお揃いの鞄ハートマークをやった後だとあざとさしか残らねえ! 結局「映画化だしこいつら地味に人気あるみたいだしどうにかいれとくか〜」ってなノリだろ?! 和憂純の忍者コス写真とさわちゃんがライブ見守るためだけにわざわざロンドンまで来て日帰り登場するのも似たようなノリだろ?!

・作画の目新しさが無い
作画については言いたくないけど映画化とあらばパワーアップした作画も楽しみの一つとして重要なポイント。なので言わせてもらいますと驚くほど変化は無かった。しかしこれはテレビアニメ版の頃からクオリティが維持されてるということなので決して悪くはなく…でも「でっかい画面で唯たちが観れて良かったね」ぐらいしかフォローが思い付かないのも事実。


以上の事柄から“ヒットしたのでとりあえず映画化しました感”が満載の残念さ。嫌味でなく何回も観に行ける人は尊敬する。
ただ、唯紬律澪4人の屋上シーンは素晴らしかった。そこだけは映画化の意味を感じ取れた。正直泣いた。
[PR]
by cyawasawa | 2012-03-14 00:54 | けいおん!!(37)

百合と舞-HiMEとけいおん!!とアイマスと艦これと制服女子高生と一緒に歩んで生きたいブログ。コス写専用アカ→@cyawa_cossya


by cyawasawa