沼地。

sznt.exblog.jp

☆ブログ5周年企画☆〜静留の為に鐘は在る〜後編

前後編にしたのは焦らしてるわけじゃなくて写真の容量の問題だよ!





d0035307_1914458.jpg

デジカメ補足写真その3。
扉を開けると事務所っぽい部屋の小さな窓口からお坊さんが出てきてくれて(出ない場合はインターホンPUSH)拝観料300円を払うとパンフレット渡してくれて中の説明をして下さいます。ここで「すいません、鐘を見にきたんですけど」って言っちゃったんだけどこの場合「拝観しに来ました、お願いします」にすべきだった。

d0035307_1915151.jpg

デジカメ補足写真その4。
靴を脱いでスリッパお借りして数段の木の階段を上がると看板。
右側が鐘ある方か。右から行こう。

d0035307_19154056.jpg

雪の庭。

d0035307_19155480.jpg

雪の庭別角度。
冬になると雪が積もって絶景なんでしょうね〜。左京区は中・下・上・右京区に比べて寒さが厳しい地域ですからね。

d0035307_19161954.jpg

ここで座ってじっくり鑑賞出来るらしい。
侵入禁止かと勘違いして一切中に入らなかったけど!
外にある畳っぽい素材の長椅子には市販の写真入れに入れられた妙満寺の四季の写真と寺紹介のガイドブックが置いてありました。座りながらどっちも見たけど雪積もった冬の妙満寺がすっごいキレイ。

d0035307_19164076.jpg

奥へ進むと廊下。
さらに奥へ進むと展示室へのスライド式の扉があってついに伝説の鐘が拝め…!、と興奮していたら扉に“開放禁止”のお知らせ。どっちも写真撮り忘れてましたが。
後に“冷暖房運転中のため開放禁止”の意味だと理解するんだけど、このときはそのまま捉えて(一体どういうことなんだろう、別の場所に鐘があるんだろうか…)と不思議がりながら開けずにUターンして本堂へ向かったとさ。眠かったんだろうね。

d0035307_1919193.jpg

さあ戻りますよ〜
先に見える階段を上ると

d0035307_19194540.jpg

廊下。
進んで左へ曲がると

d0035307_19223689.jpg

本堂への入り口。
残念ながら本堂内は撮影禁止でした。ちゃんと監視カメラがあるよ。
畳の部屋で、きらびやかな飾りと立派な仏様と椅子と演説用の台みたいなのと形的に銅鐸みたいな色鮮やかな置物と色々ありました。
もっぺん戻ると雪の庭でお坊さんが水まきをしていらっしゃいました。
再度開放禁止の扉の前に佇んで、やっと真実が分かってお邪魔しまーす!

d0035307_19255188.jpg

入ってからの全体図。
前方奥に鐘確認!

d0035307_19275633.jpg

ドクン…ドクン…
近付いてゆく……

d0035307_1936788.jpg

ジャーン!
こちらが舞-HiME 25話の静留 VS なつきシーンでもモデルにされた伝説の鐘!!!
かなりコンパクトに納められてますね。内部はどういう構造してんだろ? 下から覗ける仕組みになってたらなあ。どれくらいの重さなのか持ってみたりもしたい。
ここにも監視カメラあったんだけど、やっぱ「めっちゃ鐘撮ってる(笑)めっちゃ鐘撮ってる(笑)」とか思われてたんだろうか。鐘だけでデジカメ合わせて10数枚撮ってたからなー。だってどの部分で光線引きの被害にあってるか分からないじゃない!

d0035307_1938562.jpg

さらにアップ写真。
刻まれた文字がなにやらカッコいい。大きさは液晶TV32型を縦にしたぐらい。
パンフレットにあった説明をまとめると、1359年3月11日に道成寺で鐘を再鋳して盛大に供養していたら現れた白拍子の呪力で蛇に変わって日高川へ姿を消した後災厄が続いて清姫のたたりと恐れた寺は鐘を竹林に埋めたけど話を聞いた仙石権兵衛秀久が掘り起こして妙満寺に納めて妙満寺貫首の法華経によって怨念を解かれ霊鐘となったんだって。
そのため道成寺を演じる芸能人は芸道精進を祈りに来るとか。だからさっきの四季写真に歌舞伎の中村親子の写真があったのか。

d0035307_19405982.jpg

置いてあった板。フラッシュ効き過ぎ。
いつか本場の道成寺も行きたいなあ。

d0035307_2011524.jpg

結構なお値段で…
祈祷をお願いしたい方は手前にある台帳に名前やら願いやら書いて1000円納めたら届け出完了です。後日お坊さんが頑張って下さいます。


締めは妙満寺オリジナル便箋を記念に購入!
グッズは他にもオリジナルお香やお守り等があって結構豊富でした。もちろん、さっきの鐘達もあります。

駅まで戻るのにちょっと迷ったことは置いといて、叡電は大体が無人駅で切符売り場もないから乗車したときに整理券を取って降りたとき駅員さんに自己申告してお代を払う形(終電となる出町柳の場合)なんだけど、私はうっかり整理券を取り忘れたんだ。
まさか嘘をつくわけはなく「木野駅です」「320円です」であっさり済んだから良かったけど、皆さんは駅員さんの手間をとらせないためにも&ヒヤヒヤしないためにもちゃんと整理券を取ろうね! 実は嵐電でも同じことやっちゃったんだけどそういうところも叡電と似ていて初めてな気がしない。
木野駅だけじゃなく一日中叡電を駆使する方はお得な乗車券もございますので要チェック☆

そんなわけで人生初めての勝手に聖地巡りでしたが楽しかったです!
それに左京区は土地柄なのか、霊的な何かを感じる空気をもっているので静留や舞-HiMEの世界に合ってる気がします。安珍清姫の文字を見ただけで胸がときめくほど静留好きな方には薦めるまでもないですが、是非!
[PR]
by cyawasawa | 2010-05-02 22:39 | 静留&静なつ(72)

百合と舞-HiMEとけいおん!!とアイマスと艦これと制服女子高生と一緒に歩んで生きたいブログ。コス写専用アカ→@cyawa_cossya


by cyawasawa